どうしようもできなくなった時に考える任意売却!住宅ローンの悩みを解消するための情報をご紹介

任意売却はローン返済中の金融機関しだい

住宅ローンの返済が滞っている場合、そのまま放置してしまうと債権者が裁判所に届け出を出して競売にかけられてしまう可能性があります。
同時に自己破産をしてしまうリスクもあるので、ローンの返済が無理と考えた時点で、任意売却の方法で自宅を売ることにメリットがあります。
任意売却に関しては、金融機関との交渉が必須となり、却下されてしまう可能性が出てしまうので、債務整理に精通している法律事務所に行き、弁護士に依頼することが前提です。
個人では話し合いをしても信用度の問題により金融機関が納得しないこことは多々あります。
この交渉を弁護士に依頼をした場合は、任意売却を認めてもらえることが多く、通常の売却よりも少し低い売却額になりますが、その資金によってローンの相殺を可能にします。
勿論売却をしたことでローンを完済できれば問題はありませんが、残債があるような場合でも基本的には3年から5年程度の期間で返済しやすいようにローンの組み直しが行われます。
この方法では利息分を免除してもらえたり、減額をしてもらえる可能性もあるので、自宅は失ってしまいますが損失を最小限にすることは可能です。

任意売却では競売よりも売却金額が高くなりがち

何らかの事情で住宅ローンの返済を続けるのが困難になった時、以前は裁判所の決定に基づいてその住宅を競売にかけ、売却代金を残債に充当するという手法が主流でした。
しかし近年では、任意売却という解決法が選ばれるケースも増えてきています。
任意売却とは、住宅所有者が債権者の同意を得て任意の方法で住宅を売り渡すことをいいます。
持ち家を手放さざるを得ないという点は競売と同じですが、債権者と話し合いながら手続きを進めていくので、スケジュールにある程度の融通が利くという利点があります。
加えて、競売に比べて売却金額が高くなる可能性があると言うのも、任意売却におけるメリットの1つです。
一般に、競売で住宅を売る際の落札金額は、市中価格の6割前後と言われています。
これに対し、任意売却では通常の不動産取引と同じようなプロセスで買い手を探すため、市価に近い金額で売ることが可能です。
当然、その分だけローンの残債を圧縮できるので、その後の生活にも余裕ができやすくなります。

任意売却に関する情報サイト
任意売却の情報サイト

一生に1回の買い物と呼ばれる住宅やマンションの購入で注意しなければならないのは、ローンの返済です。適切な返済計画を行えば問題は無いですが、急な仕事のリストラが発生しないとは言えない時代です。もちろんこのような対応のための保険商品などもあるものの返済が滞ると、任意売却の検討もしていかなければなりません。最悪の場合競争入札という事態になってしまう前に、対処したほうが残る資産が目減りしないというメリットがあるからです。

Search