どうしようもできなくなった時に考える任意売却!住宅ローンの悩みを解消するための情報をご紹介

一生に1回の買い物と呼ばれる住宅やマンションの購入で注意しなければならないのは、ローンの返済です。
適切な返済計画を行えば問題は無いですが、急な仕事のリストラが発生しないとは言えない時代です。
もちろんこのような対応のための保険商品などもあるものの返済が滞ると、任意売却の検討もしていかなければなりません。
最悪の場合競争入札という事態になってしまう前に、対処したほうが残る資産が目減りしないというメリットがあるからです。

どうしようもできなくなった時に考える任意売却!住宅ローンの悩みを解消するための情報をご紹介

銀行では住宅ローンを組む際に相手方の収入の安定性や、資金力の確認を十分に行います。
最近では審査が厳しい状況になってはいる背景には、支払い能力が無くなったことに因る任意売却や競争入札が一定の割合で発生するからだとされているのです。
特に過去サブリース事業と呼ばれる事件を起こしたことで審査が厳しくなっていて、任意売却に至る前に審査で止めようという取り組みがなされています。
それでも人生何が起こるか分かりません。

任意売却をすればローン中の不動産売買が可能になる

住宅ローンを利用し返済中の不動産には、抵当権が設定されており売買するには抹消が条件となります。
いつ残債の請求が来るか分からない状態では、安心して買取ることはできないのが最大の理由です。
しかし、任意売却が確定している場合にかぎり、金融機関がその権利の抹消に同意をしてくれるのです。
任意売却をする状態とはローンの返済に行き詰まり、今後の返済にも不安がある方の売却方法です。
仮に競売とでもなれば第一順位の抵当権を設定していても、融資金の回収に支障を来す事があるからです。
少しでも多くの返済してもらうためには、より市場価格に近い金額での売却が望ましいのです。
ましてやローンの返済にも困っている方が、固定資産税を確実に納付しているとは考えにくいものです。
その場合には競売だけではなく、公売となってしまう公算も高くなります。
債権者の不利益となる状況を少なくするためにも、抵当権の抹消に応じて不動産売買を積極的に行ってもらった方が好ましい結果に繋がります。
任意売却を行うことで借入金の返済を行うという条件があり、初めて認可される手続きなのです。

支払いができないときの任意売却と自己破産の違いとは?

借金の返済が厳しくなった場合は、債務整理で対応することも考えていきたいところです。
自己破産はよく知られた方法で、免責が降りればすべての借金の返済義務はなくなります。
借金がなくなることはメリットですが、価値のある財産も手放すことになるので注意が必要です。
特に住宅などを持っている場合は、その後の生活が大きく変化してしまうので慎重に考えていきましょう。
任意売却では、どのような手続きができるのかも知っておきたいところです。
任意売却は、住宅ローンの返済が厳しくなった場合に行われる方法です。
市場価格に近い金額で売れるので、競売よりも残債が少なく済むというメリットもあります。
残債が残った場合、それを支払うのも難しいという人もいます。
そのような場合は先に任意売却を済ませておくことをおすすめします。
任意売却で家を手放してから自己破産をすると、同時廃止となり管財事件よりも簡単に費用も安く手続きができるようになります。

任意売却のメリットは自分で計画できること

任意売却の良い点は、自分自身で計画をして売却を進められることにあります。
強制的な措置である競売とは異なり、自分の意思で売却をする形となるため、時期などについてある程度調整を行うことが可能です。
住宅ローンが滞納してしまう前の段階で、任意売却の準備を始める、といったこともできます。
また競売手続きがスタートしてしまった後も、開札の前日まで任意売却が可能です。
マイホームを差し押さえられて競売にかけられる、というのは非常に大変なことだといえます。
住む場所をどうするか、残ったローンをどう返済するかなど、様々な悩みが生じるものです。
そうした状況下では、精神的に追い詰められてしまう人もいるでしょう。
自分の意思で行える任意売却なら、ある程度時間的な余裕を持って対処することができます。
早い段階で手続きをスタートしておけば、計画的に物事を進めることができます。
精神的な部分においても、余裕を持つことができるでしょう。

任意売却なら強制的な退去の必要がない

住宅ローンの支払が延滞してそのまま放置すると、保証会社が代位弁済し最終的には最終的には裁判所の関与のもとで競売にかけられることになります。
買受人が落札金額を裁判所に納付し、所有権移転が確定すると強制執行により強制的に退去することを余儀なくされることになるわけです。
転居先の確保もままならないまま退去するとなると、生活の本拠を喪失し文字通り、路頭に迷うという事態に直面します。
このような最悪の事態を回避するために、任意売却という選択肢があるわけです。
任意売却とは専門家が金融機関と交渉し、売却と同時に住宅ローン返済のために売却代金を納付し、延滞している住宅ローンの解決を模索する点に特徴があります。
任意売却は相場に近い価格で妥結するので、競売に比較しても回収できる金額が多くなるので、金融機関にメリットがあります。
裁判所の関与のもとでの競売のように、強制的に退去をせまられるわけでもありません。
金融機関にも住人にもメリットがあるわけです。

任意売却なら競売よりも高く売れる

住宅ローンでは毎月一定金額を長期間にわたって支払い続けるスキームをこなすことがもとめられます。
仮にリストラや病気にかかって返済計画に従って、住宅ローンを支払えないという事態に直面したときは、何らかの形で金銭を融通できないかぎり、最終的には我が家をてばなすことを余儀なくされます。
つまり持ち家を売却して、現金化し住宅ローン返済にあてるわけですが、具体的には強制競売と任意売却のいずれかの選択肢が存在しています。
両者を比較して明らかなのは、裁判所の関与の元で実施される強制競売は、相場よりも低い金額でおちつくのが一般的です。
住宅ローンで破綻したという経緯が明らかなので、心理的にあまり購買意欲が湧かないことも関与しているようです。
この点任意売却は通常の売買取引と基本的には同じなので、強制競売に比較すると相場価格に近く、より高い価格で売れる可能性は十分にあります。
住宅ローンの延滞が確定的になれば、早い段階で任売却を検討することをおすすめします。

任意売却なら持ち出しが少ないから安心

任意売却をする場合は住宅ローンの返済が滞ってしまったと考えられますから、そのような状況になっている人は基本的にお金に余裕がないはずです。
お金に余裕があるのであれば住宅ローンの返済で困ってしまうようなこともありませんから、その点は任意売却をする人が抱える大きな悩みのポイントにもなってきます。
実際に売却をするときに持ち出しが発生すると、お金がない状態になっていますから、サービスを利用することができないのではないかと不安になってしまうかもしれないです。
しかし任意売却はお金に困っている人が利用することを前提にしていますから、持ち出しなどが発生することはありませんから安心することができます。
仲介手数料や税金などはどうなるのか気になるかもしれませんが、一般的に売却代金から支払われるので現金を用意するような必要はないです。
そのため売却代金から手数料などが引かれた状態になり、残った部分を住宅ローンの返済分に回すことになります。

任意売却なら残りのローンを分割にできる

住宅ローンの返済が厳しいという場合は、家を手放すことも考えていきたいところです。
とはいえ、競売になると市場価格よりもかなり安くなるので、家を手放しても多くの残債が残ります。
できるだけ残りのローンを減らすのであれば、任意売却も検討してみましょう。
この方法なら、市場価格に近い金額で売れるので残債もより少なくなります。
任意売却が成功して、家を手放した場合でも残債が残った場合はそれを支払い続けることになるので、返済方法も考えておきたいものです。
まず、一括での支払いは厳しいという場合は、分割で無理のない範囲で返済していくという方法があります。
この場合も、債権者である金融機関と相談して具体的な返済額を決めていきます。
残債の支払いが滞る場合は連帯保証人に迷惑がかかりますので、連帯保証人がいる場合は、任意売却をすることを伝えておくことも大切です。
無理なく返済を続けるためにも安定した収入を確保しておきましょう。

任意売却ならローンの滞納が3ヶ月続いてから

任意売却とは住宅ローンの支払いの目途が立たないときに、借り入れた金融機関(債権者)の合意を得てローンの対象となる不動産(担保)を売却する方法です。
住宅ローンを滞納すると債務者の分割して支払う権利(期限の利益)が消滅し、金融機関から一括返済を求められます。
この期間がおよそ3ヶ月程度です。
一括返済ができない場合には金融機関が裁判所の許可を得て、担保となっている不動産を持ち主の同意なしに売却します。
これが競売です。
金融機関は競売で売却した代金を返済の一部に充てますが、一般的に市場価格より安くなります。
住宅ローンを滞納している場合には、カードローンや消費者金融からも借り入れている場合があります。
いずれの場合も3ヶ月以上続くと信用情報機関に登録され、7年間金融機関からの借り入れができなくなります。
逆に言えば、3ヶ月までなら何の影響も出ません。
任意売却を遅らせ、その間に資金繰りの見通しを立てて住宅ローンを支払ったり、返済猶予の手続きを取ることができるなら不動産を失わなくて済みます。

任意売却はブラックリストにのる恐れもある

任意売却とは自宅不動産を自分自身の意思によって売却することであり、通常、住宅ローンの支払いが厳しくなった際に選択される方法です。
住み慣れた自宅を手放すのは辛いものですが、それによってまとまったお金を手にすることでローン返済を楽にすることができます。
ただ、任意売却はいわゆるブラックリストにのる恐れもあります。
これは要するに信用情報であって、ローン返済などが滞ったという情報が信用機関で共有されることになり、そうなると新しく金融機関で融資を受けたり、クレジットカードを作ったりすることが一定期間はできなくなります。
任意売却はあくまで売却という商行為であって、それ自体が自分の信用を傷つける行為ではありませんが、最初にも書いたようにその原因は住宅ローンの返済が厳しくなったからであることがほとんどですので、結果的には返済が行き詰ったケースと重複しているのは事実です。
このことは十分に理解しておきましょう。

任意売却に関する情報サイト
任意売却の情報サイト

一生に1回の買い物と呼ばれる住宅やマンションの購入で注意しなければならないのは、ローンの返済です。適切な返済計画を行えば問題は無いですが、急な仕事のリストラが発生しないとは言えない時代です。もちろんこのような対応のための保険商品などもあるものの返済が滞ると、任意売却の検討もしていかなければなりません。最悪の場合競争入札という事態になってしまう前に、対処したほうが残る資産が目減りしないというメリットがあるからです。

Search